父に隠し子が発覚! 相続はどうなる?

1 相続で話題になりうる「隠し子」とは?

相続に関しては、亡くなった人を、被相続人といいます。
被相続人の「子」は、相続人となり、原則として、法定相続分にしたがい、一定の遺産を取得することができます。
なお、相続人となる「子」とは、被相続人と血縁関係のある子を意味します。

結婚している夫婦の間の子は、母親の相続人になり、同時に、父親の相続人にもなります。
これに対して、結婚していない男女の間の子は、婚外子又は非嫡出子といい、母親の相続人にはなりますが、当然には父親の相続人とはなりません。
しかし、結婚していないと言っても、間違いなく、その男性の子であるということはあるでしょう。
この場合に、親が結婚していないとの理由だけで、子に父親の相続権がないというのも、いまいち釈然としません。
そこで、このような事態に対処する方法(婚外子又は非嫡出子が、父親の子、すなわち、父親の相続人となる方法)があります。
それが認知です。
認知されますと、婚外子又は非嫡出子であっても、父親の相続人となることができます。
なお、父親に、他に子がいたとしても、この子との間で法定相続分に差はありません。

このように、父が亡くなって相続が発生した場合に、父と結婚していない女性との間の子の存在が明らかになるとき、隠し子が現れたという話になるのです。

2 隠し子がいると、遺産分割はどうなる?

父が亡くなりました。
父には、不動産や預貯金といった遺産があります。
父には妻がおり、この妻との間には子がいます。
父の相続人は、亡くなった当初、分かっていたのは、この妻と子のみです。
しかし、父には、妻と結婚する前に交際していた女性との間にも、子がいました(いわゆる「隠し子」が存在したのです。以下では、この子を「婚外子」といいます。)。

以上のケースを前提に、以下では、遺産分割当時、婚外子が父に認知されていたか否かに分けて、ご説明します。

(1)遺産分割当時、婚外子が父に認知されていた場合

認知されていることは、戸籍に記載されます。
したがって、遺産分割を行うにあたり、相続人を確定させるために戸籍調査を行えば、認知された婚外子が存在するかは明らかにすることができます。
では、戸籍調査の結果、婚外子がいると分かった場合、妻や子は、どうするべきでしょうか。
遺産分割は、相続人全員で行わなければならないため、認知された婚外子、すなわち、父の相続人である婚外子も加えて、遺産分割をする必要があります。
婚外子を除いて行われた遺産分割は無効となります。

(2)遺産分割当時、婚外子が父に認知されていない場合

認知されていないということは、戸籍調査によっても、婚外子の存在は明らかになりません。
とすると、この場合、婚外子の存在を知らずに遺産分割が進む可能性が高く、遺産分割が終わった後に婚外子が登場するということが考えられます。
では、遺産分割終了後に、婚外子が現れた場合、どうすればよいでしょうか。
まず考えなければならないのは、その婚外子が本当に、父と血縁関係のある子、すなわち、父の相続人なのかということです。
戸籍に記載もないことから、よりいっそう、にわかには信じがたい話です。
そこで、妻や子としては、婚外子から何らかの要求があったとしても、戸籍調査と遺産分割の結果を前提に、安易にその要求には応じないことが大事です。

一方で、父の相続人であると主張したい婚外子としては、死後認知請求をする必要があります。
死後認知請求が認められない限り、婚外子に、父の相続権はありません。
仮に、DNA型鑑定なども行いつつ、死後認知請求が認められた場合には、婚外子も、父の相続人であった、ということになります。
では、この場合、すでに終了した遺産分割が原則通り無効になり、遺産分割をやり直す必要があるのでしょうか。 民法は、このような場合を想定して、次のように定めています。

第910条

相続の開始後認知によって相続人となった者が遺産の分割を請求しようとする場合において、他の共同相続人が既にその分割その他の処分をしたときは、価額のみによる支払の請求権を有する。

遺産分割後、認知によって相続人となった婚外子は、父の不動産などを取得するのではなく、遺産の取得者から、一定の金銭を受け取ることができるとされているのです。
遺産分割をやり直す必要は必ずしもありません。

3 妻や子にできることは?

上記(2)の場合は、戸籍調査を行ったとしても問題となる状況は生じますので、戸籍調査を行えば万全というわけではありません。
しかし、上記いずれの場合も、まず大切なのは、やはり、父の相続人を確定させるための戸籍調査を行うことです。
戸籍調査を行うことで、遺産分割を始める段階において相続人を把握し損なうということを防止することができます。
また、特に上記(2)の場合においては、婚外子が現れたとしても、この者が父に認知されていないということを戸籍の記載から確かめることができます。

4 おわりに

当事務所では、ご依頼いただいた遺産分割を行うに際しては、相続人を確定させるために、必ず戸籍調査を行います。
上記(2)のケースは、戸籍調査によっても対応しきることはできないものの、それでも戸籍調査は欠かせません。
少なくとも、遺産分割を始めるにあたり、現時点で、相続人として誰がいるのかを確認することはでき、それは、遺産分割の進め方、有効性にとってとても重要なことです。

隠し子が存在するか否かにかかわらず、相続人の調査から遺産分割まで、弁護士がお力添えをすることで、適切妥当な遺産分割を成立させることができます。

相続人調査・財産調査サービス実施中
相続に注力されている税理士の先生方へ
まずはお気軽にお電話ください
まずはお気軽お電話
ください
0742-81-8361
【電話受付時間】
平日9:00~20:00
土10:00~13:00
お問い合わせフォーム 24時間受付

事務所案内

松柏法律事務所外観(リコラス登美ヶ丘) 弁護士法人 松柏法律事務所
〒631-0003 奈良県奈良市中登美ケ丘6-3-3
リコラス登美ヶ丘A棟202号
TEL 0742-81-8361
FAX 0742-81-8362

サイト内検索

 

当事務所の関連サイト

ご利用方法

相談のご予約

まずは、お電話で法律相談のご予約をお取り下さい。

ご相談予約電話番号 
0742-81-8361

相談に関するご希望等(相談場所、相談時間、担当弁護士等)がございましたら、ご予約の際にお伝え下さい。

なお、弁護士が相手方から既に相談を受けている場合や、その他相談に応じることに支障がある場合には、相談をお断りする場合があります。

弁護士による法律相談

予約された日時に、当事務所へお越し下さい(電話やメールによる相談は行っておりません)。

弁護士が相談に応じます。

弁護士には守秘義務がありますので、秘密は固く守ります。

相談の結果、弁護士に依頼されるかどうかは、相談者の皆様の自由です。当事務所から、相談者の皆様の意に沿わない勧誘を行うことはありません。

ご依頼

相談の結果、弁護士に依頼されることを希望される場合には、その旨ご連絡下さい。受任させていただく場合には、ご要望に応じ、見積書を作成いたします。その後、内容をご検討の上、ご依頼されるかどうかお決め下さい。

ご利用方法の詳細はこちらから

生駒事務所(奈良・登美ヶ丘)

住所

〒631-0003 奈良県奈良市中登美ヶ丘6-3-3 
リコラス登美ヶ丘A棟202号
TEL 0742-81-8361 
FAX 0742-81-8362

電車

近鉄けいはんな線「学研奈良登美ヶ丘駅」南出口を出ると、目の前にrecolax(リコラス登美ヶ丘)があります。その2階(コンビニエンスストアの真上)に生駒事務所があります。

自動車

  1. 精華町、木津川市、京田辺市、交野市、四條畷市からは、国道163号線を使用し、「鹿畑町」交差点を南へ曲がって直ぐです。学研奈良登美ヶ丘駅の手前のガソリンスタンドを超えたところを左折し、同駅北口やリコラスの手前の細い道を南に進むと、右手にリコラスの時間貸駐車場があります(90分無料となりますので駐車券を当事務所にご持参下さい。)
  2. 第二阪奈道路を使用した場合は、「中町インター」を下りて北へ向かい、近鉄学園前駅の横を通って更に北へ向かって下さい。学研奈良登美ヶ丘駅の手前で側道に入り、同駅南口の正面を通り、道なりに右へ曲がったところにリコラスの時間貸駐車場があります(90分無料となりますので駐車券を当事務所にご持参下さい。)。

松柏法律事務所(大阪・北浜)

住所

〒530-0047 大阪市北区西天満1-7-20
JIN・ORIXビル 802号
TEL 06-6360-6500 
FAX 06-6360-6540

電車

京阪本線もしくは地下鉄堺筋線「北浜駅」を下車し、(京阪)26番出口から地上へ出て下さい。または、京阪中之島線「なにわ橋駅」を下車し、3番出口から地上へ出て下さい。

難波橋(通称ライオン橋)を北側にわたりきったところにある交差点(難波橋北詰)の北西角(わたりきって左側)にあるビルです。

自動車

阪神高速環状線の「北浜出口」から一般道に下りたところにある交差点(難波橋北詰)の北西角(わたりきって左側)にあるビルです。来客用の駐車場がありませんので、お近くのコインパーキングか弁護士会の地下(有料)に駐車した上でお越し下さい。


Copyright(c) SHOHAKU legal profession corporation. All Rights Reserved.